将来、残された遺族が負担する相続税をできるだけ少なくしたい。
そのような方は、生前贈与を活用しましょう。
ポイントは将来の遺産を減少させることです。
基礎控除を利用して、計画的に贈与する。

居住用不動産を配偶者に贈与する。

生命保険の活用。
贈与税についてー国税庁解説ページ(http://www.taxanswer.nta.go.jp/zouyo.htm)

相続時精算課税制度
この制度は基本的に「将来相続税のかからない方」が積極的に利用すべきものです。
財務省解説ページ(http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/pan1504-1/01.htm)

当事務所では、提携先の会計事務所の協力により税法上有利な遺産の承継方法を後々の二次相続まで視野に入れた、税務のアドバイスをしています。

BACKHOME